小ネタ

赤ずきん✕赤ずきん

1972958i

Illustration from : http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im1972958

 

「私は主人公になるべきキャラクターではなかったのよ。 所詮オオカミに食べられただけのバカ女なの。

『私のカラダをお食べ!』

あの時、そうオオカミに宣っておけば話は違ったでしょうね。 その刹那、私はアンパンマンのように、飢餓から命を救うヒーローになれたに違いない。

しかし違う。食べられただけなの。 そして助けられただけだけなの。
もし24で騙されて敵に捕まるだけの登場人物がいたら 彼は主人公になるかしら?いや、絶対にならない。

主人公はヒーローでなければならないのよ。 危険を察知し、動き、解決するヒーローでなければ。
だから主人公はあなただと思うわ。 オオカミを撃ち、私と祖母の命を救ったあなただと…」

 

―キミが主人公のドラマは始まったばかりだ。 世の中にはいろんなドラマがいる。

例えば消防士に助けられた子供がいたとしよう。
そこで話が終わるのであれば、その子は主人公になれない。
だが、その子がもし消防士を目指せばどうだろうか? それは立派なドラマではないかな。

だから・・・・、キミも目指すべきなんだ。

 

「あなたのような猟師を?」

 

―猟師?違う。 私は自分の職業を聞かれたらこう答えている。

ハンター、だと。

 

「…ハンター」

 

―ハンター試験の受験票だ。さあ、どうする? 主人公になりたいんだろ?

 

「私、なるわ… ハンターに」

 

 

~HUNTER×HUNTER 第一話 完~

 

【おしまい】

富樫仕事しろ。