ブログの文字数ってどれぐらいが適量なのか

copywriting

Image from: http://bazubu.com/writing-technique-11037.html

 

ブログの文字数はどうしたもんかしらね

ブログを書いてる人も書いてない人もこんばんは、daiです。

私はブログを書いている側の人間です。
それゆえ、ブログを書いている時はいつもこんなことを思います。

 

文字数ってどれぐらいが適量なんだろう

 

多くても読みづらいし、少ないと味気ない。
ここらへんのさじ加減が、我々ブロガーには悩みというか思惑の種だったりします。

「あんっ、ダメ。。。daiさんのブログ、文字数いっぱいだよぉ。。。いっぱい入ってきちゃうよぉ。。。///」

と喜びあえいでくれるような人がいればこちとら上半身の腕と下半身の腕を奮いに奮って10000文字ぐらいの文章をしたためようってなもんですが、
あいにくそれだけ書いてたら腱鞘炎になりそうです。

 

ちなみに昨日のこの記事はトータルで2500文字ぐらい。
まあまあのボリュームかなと思っています。

個人的に2000超えてきたらそこそこ長いイメージですね。
過去には6000文字超えるような記事があった気がします。(どれだったか覚えてません・・・)

 


SEOの観点

ブログをやる上で考えなければならないのがSEOです。

SEOを知らない人のためにざっくり説明すると、
自分のブログを検索結果で上位表示させることを言います。

googleなどの検索結果で1ページ目、しかも上位に表示されれば多くのアクセスが見込めます。
そりゃ誰だって1人でも多くの人に自分のブログを見て欲しいですからね。

ちなみにこのブログも「歌い手」「ショルダーパッド」「ニコ生 SE」「twitter 出会う」「iphone メール 充電」「youtube 収入」などなど、いろんなキーワードで上位表示されてますので、これ関連のアクセスは多いです。

 

で、SEOを考える上で大事なのは「コンテンツイズキング」の手法。
つまり小手先じゃなくて内容がいいサイトやブログを作れということ。

そのためにはある程度内容の濃さは必要になってくるし、
ほかのサイトのコピペだったり内容がうっすいページというのはどんどん検索エンジンで淘汰されていきます。

 

一般的に、SEOに有効な文字数は最低でも500文字以上と言われてますね。
それぐらいはきちんと記事を書かないといけない。

でも、500文字って全然多くないですよね?原稿用紙1枚とちょっとですよ。
実際、500文字で記事書いてみると内容ぜんっぜん無いんですよね。
となれば、SEOを考えつつ、かつ読者を満足させるということを考えたら、少なくとも1000文字~1500文字はいるのかなあと感じますね。

 

・・・みたいなことを書いてる間に、あっという間に1000文字超えたところです。

よろしければ、何文字ぐらいの記事が読みやすいのか、ざっくりでいいので意見聞かせてくださいませ。

 

今日はこのへんで(_´ω`)ノ

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら