ブログやってるひとはみんな友達が少ないんじゃないかっていう想像

165c07d2

みんな孤独なんじゃない?

ビジネスとか芸能人のブログは除いて、個人ブログの話。

俺のような、ただの一般人がいい大人になってもブログやってる場合って、往々にしてリアルの友達あんまりいないんじゃないかなっていう想像がある。ご多分に漏れず俺も友人は少ない。「広く浅く」よりも「狭く深く」なんだい!ってなんだか言い訳みたいだよね。

 

思うに、リアルで人間関係がとても充実しており、友人にも恋人にも事足りるような人は、ネットに入り浸らないんじゃないか。twitterもfacebookも登録はするけど基本たまにのぞいて知人の投稿を眺めるぐらい。自分から積極的に情報を発信したりなんてしないし、ツイート数だって1週間に5回とか10回とかそのくらい。

そりゃそうだよ。

だってネットで発信する必要がないんだもん。

リアルの知人にすればそれでいいんだもん。

 


人間には、誰しも自己顕示欲というのがある。

自己顕示欲。

自分の話を聞いてもらいたい、存在を認められたい、誰かに自分のことをわかってほしい、褒められたい、という人間として実に素直な欲望だ。

でも実生活でそれが事足りてしまうような人は、わざわざ顔の見えないネット社会で届くかどうかもわからない誰かに何かを伝えようなんて思わないだろう。ましてや自らの個人情報をさらけ出してまで、ネットを通じて誰かと意思疎通しようなんて思わない。

だから「リアルが充実している人」のツイッターを見てごらんよ。
だいたいはリアルの知人か、好きな芸能人・アイドルをフォローしてるくらいだ。どこの誰かも知らないネット住民とつながろうだなんて思わない。

だからちょっとツイートが炎上したら「知らないヤツらにRTされた」って驚いて憤る。それもそうだ。彼らはリアル世界の延長としてしかネットを使ってないんだから。多分「オフ会」という単語すら、もしかしたら知らないかもしれない。

 


けど俺たちはネットで物を書く。

ネットで顔も名前も素性も知らない人相手に自分の考えや思いや言いたいことを書いている。
自分の発露させたい感情の矛先をリアルではなくネットに向けている。

それはきっと、リアルに友達があんまりいないからなんだろうな。って思う。

最初から金儲け目的でネットやってる人とか、大勢に向けて何かの政治的プロパガンダをしたいならいざしらず、一介の個人がネットやる目的なんて、大多数が「ネットを通じていろんな人と知り合いたい」って思うからなんじゃないのかな。

 

普通はさ、「このお菓子がおいしかったです!」なんてネットに書く必要ないよね。

実生活の友達にしてれば十分なわけでしょ。

 

だから、孤独なんだろうな。

リアルの人間関係だけでは満足できないから、ネットを使ってるのかもしれない。

今更というか、当たり前のことなのかもしれないけど。

 

それで、別にそれが悪いこととは思わない。俺だってそうだし。

ネットの友人関係、どんとこい派だもの。

 

でもまあ、ネットで偉そうにしてる人も、いっつも炎上狙ってる人も、なーんか気に食わないような人も、
本当は寂しがってるのかもしれない、って思うと、少し優しい気持ちになれるかもしれないねw

 

 

 

 

 

だから、まあ、その、

仲良くやりましょうや。ね。

 

【おしまい】

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら