男女のラブストーリーに無理やり数学を絡めるとこうなる

ec995dda8c55c805ac0a95cdb62cc879

男女の会話にむりやり数学用語を入れてみよう

ヨシコ「素敵なレストランね本当に・・・こんな所に連れてきてくれて、ありがとうタカシさん。」

タカシ「いいんだよヨシコさん。
それより、今日は君に大事な話があるんだ。」

ヨシコ「どうしたの?」

タカシ「今更だけど、僕は君を精杯愛している。
君のその綺麗な瞳、透き通る様な髪、100合のような可憐な姿が、愛おしくてたまらないんだ。」

ヨシコ「ありがとう、私もよ、タカシさん。」

タカシ「いつでも僕の恋のベクトルは君に向いている。
これから僕達の年齢が等差数列のように増えても、ずっと僕の重心にいてほしい」

ヨシコ「タカシさん・・・///」

タカシ「だからヨシコさん、今日は、この婚姻届にsin[サイン]してくれないか。」

 

ヨシコ「嬉しいわ。
の言わずに俺についてこい”っていう、あなたの最小公倍数的な考えが私は大好きよ。
もし結婚して苗字が合同になればきっといい下底[家庭]が作れるし、生まれてくる子供もいい多面体に育つわ。
一緒に暮らして、優雅に公比 [コーヒー]でも飲んで、たまにはスポーツでストレスを発散するような生活、素敵だと思うわ。

でも・・・」

タカシ「えっ・・・?」

ヨシコ「どうやら、2人の気持ちは不等号みたい・・・」

タカシ「も、もしかして、他に好きな男でも!?
いわゆる底辺×高さ÷2(三角)関係ってやつか!??

それでも、僕は君のことを誰よりも愛してるんだ。
君と毎日でも1,3,5,7,9・・・(2n-1) [奇数→キス]したいぐらい好きなんだ!
愛しあう2人が一緒に寄り添う、それだけで必要十分条件じゃないか!」

ヨシコ「ごめんなさい・・・きっと、そのタカシさんの気持ちだって証明できないと思うわ・・・
疑うわけじゃないけど、タカシさんの言葉にはもあるような気がするもの。
もっとlim[x→+0]1/x=∞ [極限]まで愛してくれていたら・・・」

 

タカシ「今からでも遅くはないよ!
確かに僕が働いてるのは800屋だし、よく子供に10000引きだってされちゃうし、たいした稼ぎはないかもしれない。
でも、”タカシさんにはリク√スーツよりも作業着の方が素敵だわ”って言ってくれたのはヨシコさんじゃないか!

僕は家事だって得意だし、料理に洗濯に相似 [掃除]だって・・・!」

ヨシコ「もう、やめましょう・・・・・」

タカシ「ヨシコさん・・・」

ヨシコ「あなたが言った、1,3,5,7,9・・・(2n-1)、これが私なりの結論よ。」

タカシ「えっ・・・?」

 

ヨシコ「もうこれ以上、2人の関係は割り切れないってこと・・・!」

 

ヨシコ「今までありがとう、とても楽しい時間だったわ・・・
あなたがくれたいっπの思い出、私は忘れない・・・」

タカシ「ちょっと待ってくれよ、僕を切り捨てる気なのか!?
今まで頑張ってきたのに、その解(甲斐)なしなのか?」

ヨシコ「さよなら・・・」

 

 

タカシ「ちくしょう・・・これから2人で温かい家庭を築いて移項と思っていたのに・・・
あんな言い方あるかよ・・・!
そ、そりゃ確かにアッチの方は長方形[超包茎]だけどさ・・・

あーあ・・・これからオイラーは一体どうすればいいんだよぉ・・・!!!」

こうして、2人の恋は静かに因数分解していったのであった・・・

 

【めで めで

※いろいろ詰め込みすぎました。

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら