M-1 2015 決勝進出者全コンビについて語る

img_0_m

いよいよ5年ぶりにM-1復活!!!

こんにちは、お笑いのことならお任せください、daiです。

大々的にニュースになっていますが、今年ついに、5年ぶりにあのM-1が復活しますね。
代わりに去年までやってたTHE MANZAIは賞レースではなく通常のネタ見せ番組になるようですが。

いやー、それにしても個人的には待って待って待ちわびましたね。
やっとあのM-1が帰ってくるんだと思うと、本当今からドキドキするし興奮が収まりません。

そして先日、決勝に進出するコンビ8組が発表されましたね。

①メイプル超合金
②馬鹿よ貴方は
③スーパーマラドーナ
④和牛
⑤ジャルジャル
⑥銀シャリ
⑦ハライチ
⑧タイムマシーン3号

うーん、まあ予想通りというかなんというか。

率直な話をすると、個人的には「やべえこのコンビきた!!超面白いこのコンビ!」ってほどインパクトのあるコンビはいないですね。
タイムマシーン3号は久々の大舞台(2005年のM-1以来)って感じだし、実力めっちゃあるので大好きです。

ということで今回も、決勝に進出決定した8組について語ります。よかったら読んでね。

 

M-1 2015 決勝進出コンビ8組について語る

(写真はすべて公式サイトより)


①メイプル超合金

878_combi_メイプル超合金

一言でいうと「逆南海キャンディーズ」。右側のカズレーサーさんがボケ。
普段テレビで見かけないので知らねえよって人の方が多そう。所属も吉本じゃなくてサンミュージックだからね。メディア押しは弱くて営業優先の感じするね。
ちなみにカズレーサーさんは昔、さらば青春の光の東口さん(割とイケメンな方)とコンビ組んでたみたいです。

ネタは漫才コントが主流で、流れやボケの振りは弱いことが多いかな。
言葉遊び系のシュールなボケに対して、ツッコミの安藤なつさんが、最初はぼそっと返しているのが、後半勢いが増してくる(東京03の飯塚さんみたいに)。ここが面白いというか持ち味の気がしますね。

ちなみに当日はトップバッター。ほぼ確実にダークホースという扱いになるでしょうが、客にハマる前に4分過ぎそうな気配もw
よくも悪くも脱力感のあるネタやってる印象なので、インパクトのあるネタで爪痕を残して欲しいですね。

 


②馬鹿よ貴方は

390_combi_bakayo_3

THE MANZAI 2014で決勝に出場してかなりの存在感を見せたコンビ。オフィス北野でしたね確か。

正直僕の中では劣化スリムクラブという印象しかなくて、4分の中で長いタメをつかう割にはその後のボケがハードルを超えきれないという感じ。
しかも2番手だからなあ。これが6番手ぐらいならいい感じのギャップが出せて面白いんじゃないかなーと思うけど。

本人たちが楽しんでやってる?んだけど、客がそのシュールすぎる世界についていけるかどうかがキーだと思う。
過去のM-1出場者なら、POISON GIRL BANDやカナリア、モンスターエンジンの系統に近い。世界観出しすぎだから万人受けしにくい。

でもなんだかんだ言って好きです。普通のネタ見せ番組でやってる時は好きです。
視聴者の期待を裏切るネタで爆発したらファイナルステージ残れると思います。

 

③スーパーマラドーナ

634_combi_スーパーマラドーナ(UP)11.06~

実力あるのになかなか出てこないなあというコンビ。
THE MANZAIでは2012年に決勝進出してて、その時のネタは面白かったです。顔から火が出る祭りの鉄板とか。
M-1にも出場してたんですが決勝進出はないですね。準決勝が何回かあったぐらいで。

ネタの特徴としては僕がとても好きなタイプです。
設定がある中で、1つのボケを軸にして大きく膨らませていく手法が得意ですね。

例えば、お見合いという設定で、田中さん(ボケ)が武智さん(ツッコミ)の会社をリストラにあったというボケがまずあって、そのリストラにからめてその後のボケを展開させていくという感じ。(「趣味は?」に対して「ハローワーク通いです」や、「動物は好きですか?」に対して「好きです。リスとトラ以外は」など。)
ただこれを4分でやるとくどくなるのはわかってると思うので、THE MANZAIの時みたいにうまく天丼をかぶせながらいけると思います。

あと漫才の面白さを引き立てるのはやっぱりツッコミだと思うので、
その点では武智さんの勢いあるツッコミはめっちゃ面白いですよ。本番も楽しみ。

 

④和牛

73_combi_和牛(UP)11.06~

ここ数年で一気に頭角を表しましたね。
和牛は来るんじゃないかな?と予想してたら本当に来ました。

この2人は近年で多分ほぼ誰もやってなかったスタイルをつくりました。
それが「ザ・理屈漫才」。(名前は僕が勝手にそう呼んでるだけです)

普通誰も注目しないような重箱の隅をひたすらつつくネタが主流。ちょうどTHE MANZAI2014決勝でもそんなネタやってました。
彼らはこの理屈漫才を武器にやっていくのかなーという感じがしますし、逆にそれ以外のネタはほとんど面白く無いです。

で、ただ正論をついて漫才という枠組みをぶち壊すメタ要素のあるネタは、賛否両論あると思うので優勝はしづらいですよね。
僕は大好きですが、正論ばっかり言ってるネタが嫌いって人も一定数いるでしょう。審査員にどうハマるかですよね。

ただ和牛はただ理論武装するだけじゃなくて、後半必ずそれを崩しにかかる場面があります。
THE MANZAI2014で言うなら、あれだけ攻めてた水田さん(ボケ)が「まあ売れたい言うてやってますけども」とブーメランを投げる部分。そこからまた展開を元に戻すのが持ち味ですね。

今のうちに予想しときますけど、多分M-1決勝では、「結婚式を抜け出す花嫁」のネタをやる気がします。多分。

 

⑤ジャルジャル

2021_combi_ジャルジャル'15(BU)

ジャルジャル一時期めっちゃ売れましたよねー。ただ先輩芸人達とうまく付き合えないとか、尖ったキャラでいきすぎたということで番組に出れなくなったみたいなことを、しくじり先生で言ってました。

そうなんですよ。この2人はふざけたことばっかりやってますけど、笑いに関してはかなりストイックなんですよ。
そして応用が効いて何十分でも見てられるような天丼系コントが得意なんですよ。見てる方がついつい突っ込んでしまうような。

そんで、漫才になると、必ず、絶対に、型をぶち壊してきます。
最近ではジャルジャルの漫才を見る機会があんまりなくなってしまいましたが、正月にやってる爆笑ヒットパレードなんかでは登場してますね。
その時のネタも含め、近年ではとにかく普通の漫才はやらないです。そしてどっちがボケでツッコミかも明確にしていません。交互にボケで交互にツッコむんです。しかも笑い飯みたいなふざけた感じのダブルボケじゃないんですよ。めっちゃ計算して完璧に作りこもうとしてる感じ。

こういう部分からも、2人が笑いのネタにかなり真剣に向き合ってるというのが伝わってきます。

本番何やるんやろ。多分言葉いじり系の、交互にツッコむ系のネタだと思います。存在しないことわざをちょいちょい挟んだりね。

 

⑥銀シャリ

1928_combi_銀シャリ2

うーん。

正統派しゃべくり系漫才ですけど、ここ数年でほぼ学天則にポジション奪われてますね。僕はてっきり学天則が決勝来るかと思ってました。なんでしょう。銀シャリの各賞レースでの決勝進出の頻度割と高いですね。M-12010年度にも決勝出場しています。

彼らが出てきた当初はすごく面白いと感じてたんですが、鰻さん(ボケ。珍しい苗字ですよね)のボケが雑というか大雑把。勢いで笑わせようとしてます。
そしてそれに対する橋本さんのツッコミがすごすぎる。
上手いんですよね。そして言葉のチョイスもいい。だけどアンバランスすぎて、ツッコミの熱量がすごすぎて笑いに持って行きづらいんですよ。過去にブログでも書きましたけど。

彼らのネタの中で一番面白いと思うのは「アルファベットの歌」なんですけど、どうだろ。もうやらないかもしれないね。
間違っても引っ越しのネタはクソ面白くないので(面白く無いのに頻繁にやってる)、できれば違うやつを・・・鮎押しはおもんない・・・

 

⑦ハライチ

2929_combi_ハライチ新宣材(メイン)

ノリボケ漫才として「ハード(ナイツの塙さんいわく)」を作ってブレイクしましたね。
右側の澤部さん(アラスカのトレーナー着てる方)は結構ピンでも出てますね。ナイトスクープの探偵にも抜擢されました。

過去にM-1の2009年と2010年で決勝進出してるし、実力は十二分にありますよね。
ノリボケ漫才一辺倒だと飽きられてしまうのか、ここ数年はテレビなんかでもネタをやることはなかったですが、去年のTHE MANZAIの認定漫才師で選ばれた時は、「クイズ:確かにそうだけど」という一風変わったネタをやってました。
ノリボケのスタイルからの脱却が見えます。

ただ、彼らのネタは優勝するほどのインパクトがないのが欠点。
満場一致で爆笑に持っていくためには、今のノリボケではきついので新しいやりかたを出さないとなあ。ノリボケの時の「ささかまのブーム」から「ささかまのセール」にかぶせていくところはめっちゃ笑ったけど。

とりあえずはよくも悪くも安定枠だと思います。

 

⑧タイムマシーン3号

1128_combi_タイムマシーン11

面白いよ。この2人面白いし大好きだよ。
レッドカーペットみたいな短尺のネタばっかりじゃなくて、がっつり漫才やってるネタもっとみたいです。

このタイムマシーン3号は確か今年でコンビ結成ちょうど15年のはず。だからM-1復活するも今年がラストチャンス。
そりゃそうだ。昔のオンバトのころからずっと見てるもん。

知ってますか?彼ら、ますだおかだに続いて、史上2組目の545キロバトル(満点)を叩きだしてますからね。
面白くないわけがない。

個人的には、いつのまにか「頑張れ半袖、負けるな短パン」をやらなくなったのが気になるんですけどね。
あとはもう関さんの体型をいじるデブネタがなくなったところ。

とはいえ、めちゃくちゃ実力あるので、なんとかのし上がってほしいなあと思っています!

 

まとめ

bnr_final

いやー、とにかく本番が楽しみですね。あと2週間ですからね。

それにしても、個人的には決勝に来るコンビ予想してたんですがけっこう外れちゃいましたね。
ナイツ、磁石、学天即、ハリセンボン、三拍子、ウーマンラッシュアワー、アルコ&ピース、吉田たち、祇園あたりが来るんじゃないかなーって思ってたんですけどね。

何はともあれ、M-1復活の夜はおおいに盛り上がると思うので、ぜひ楽しんでいきましょう!\(^o^)/
もちろん、M-1当日はまた全ネタ見た感想を記事に書きたいと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら