音楽は「無料」じゃなくて「有料」だって意識そろそろ持ちましょうよ

linemusic

こ れ は ひ ど い

まず↑こちらをご覧ください。正直、短気な自分はとてもイライラしてしまいました。ww

 

そもそも、LINE MUSICが無料なのは一定期間だけで、その後は有料の定額制になるというアナウンスは最初からされていたはずです。にもかかわらず「無料じゃないとかケチ」「タダで聞かせろ」「お金取るとか信じられない」という文句のオンパレード・・・若年層は注意書きも利用規約もまともに読んでないわけですわ・・・

まあ実際、高校生はお金ないですよ。何かにつけてお金いりますし、正直音楽にお金かけてられない気持ちもわからないでもないです。

でも、そろそろ音楽=無料ではないという意識を持つべきなんじゃないですかね?

 

音楽は無料ではない

そもそも、もし本当に音楽がいつでも無料で楽しめるようになってしまったら、作り手のアーティストたちは儲からないじゃないですか。

収入がなかったら当然次の曲だって作れないし、ライブやるお金だってないし、そもそも仕事として成り立たないじゃないですか。中学生高校生でもそれぐらいわかりそうなものだと思うんですけどねえ。

 

なんでこうなったかって言うと、多分、今までのカセットテープ・CD・MDから、データ形式に移行してきたのが一番大きいんじゃないですかね。

ほら、人って、形のないものにお金って出したがらないじゃないですか。物体がないからその価値がわからないんですよ。

自分も数年前に、パソコンのこと全然知らない親戚から、ホームページを500円で作ってくれって言われたことあります。サーバー代にもなりませんw

 

形のないものにはお金は出せないという心理が、若い人たちの間には広がってるんじゃないですかねえ。

LINE MUSICはタダで聞かせろっていうのに、スタバにはただでコーヒー飲ませろって言わないですよねww

 

ちなみに今は、「LINE MUSICオワタwwwこれからはAWAだなー」つって移民する人が多いみたいですが、AWAも無料期間があるだけで、ずっと無料なわけじゃないですからね? その時にまた「AWA無料じゃねえのかよケチだな」とかいって怒りだすんですかね?w

 

好きな音楽はどんどん「買って」楽しもう

Taylor-Swift-picture

 

以前は、アーティストの曲なんかはyoutubeで好きなだけ聞けましたが、最近はメジャー所は誰かがアップしてもすぐ権利者削除されるし、曲名で検索してもヒットするのは素人の自己満カラオケ動画ばっかりです。w

アーティストのレーベル自身が公式で動画をアップしている例もありますが、近頃は1番だけとか、途中で終わったりとか、BGMを消してアカペラだけにするなどの工夫がされて、「完全版を聞きたかったらちゃんと買ってね」というメッセージが伝わってきます。

 

そうですよ、どんどん買えばいいじゃないですか。

無料で手にしようとすること自体間違いなんですよ。

 

いろんなジャンルの音楽聞きたい人からすれば、月1000円ぐらいとかで聴き放題なんて、めちゃくちゃありがたいじゃないですか。普通はCD1枚買うだけでもう1000円超えちゃうんですから。

欲しい音源は自分で買って、PCででもスマホででも聴けばいいんです。

お金がないなら、Mステとかで登場して歌ってるのを録音して聴けばいいんです。昔とかけっこう皆やりませんでした?w

自分も気に入ったものはバシバシ買ってます。CDだとかさばるんでもっぱらiTunesですけど。

 

繰り返しますが、音楽は無料ではありません、有料です。

好きなアーティストの曲はどんどん買って、少しでもアーティストに還元されるのが当たり前になればいいなと思っています。

【おしまい】

 

ちなみに最近テイラー・スウィフトよく聴いてます。
今日の記事は「1989」というアルバムの「New Romantics」を聴きながら書いてましたwいい気分でノレます。