Push or Pull.

pull

止まらない未来を目指して ゆずれない願いを抱きしめて

↑この文言でレイアースを思い出した懐かしい皆さんこんにちは、どうもdaiです。

 

突然だけど、最近になって自分の性格というものに改めて気がつく、そんなことも生きていれば普通にある。

俺って、ゆずらない性格なんですよね。
何をゆずらないかっていうと、そう、扉です。

すべての扉は、押して開けたい・・・!!

 

扉にはたいてい「押す」とか「引く」とかプレートが貼ってあって、開く方向が指示されていることが多い。

いや、俺ね、この「引く」がすげえ嫌いなんですよ。ww

 

「押す」の時はそのままスッと通過することができるけど、
「引く」の場合は一旦立ち止まらないといけない。これがめんどくさくてね。

人生、時には立ち止まって自分の足元を見つめなおすことも必要だって、知ってるんですけどね。
でも、扉は人生じゃないよ。止まる必要はないんだよ。

確かに、「引く」時にロスする時間なんて、まあせいぜい1秒ぐらいのものです。
けど、人生の中で何百回何千回と繰り返せば、それはけっこうな時間になる。

そんな時間があれば、俺は愛する人にもっとたくさん「愛してる」って言いたいわけですよ。
今すごい気持ち悪いこと言いましたよ。

 


すべてを押す。ゴーイングマイウェイ

だから、俺は「引く」扉も全て押す。押して進みたい。

でも、これがよくできたもんでね。
たいていの扉は「引く」になってても、押しても開くんですわ。

押しても開くんなら、わざわざ「引く」にしなくてもいいんじゃね?という話だけど、
これにはまあ、きっと大人の事情があるんです。

 

たぶんね、あの「押す」「引く」のプレートは2枚で1セットなんですよ。
どこかの業者さんとかで2枚1組で受注生産してるんですよ。

本当は両側に「押す」を貼りたいところなんだけど、それをすると世の中には大量に「引く」が余っちゃうんです。

 

時代はエコだ。無駄遣いなんて許されない。

 

もし大量に「引く」が捨てられたりしたら、環境保護の団体とかどっかの社団法人が怒ってくるでしょ。

マスコミだって、「富士山のふもとに大量の「引く」が不法投棄!」とか報じちゃうでしょ。
本当はもっと注目すべき社会問題があるのに、それには目もくれず「引く」のことばっかり言うでしょ。

 

え?じゃあ「押す」だけいっぱい作ればいいじゃないかって?

 

いやいやあのね、多分ね、俺の想像だけど、金型がそうなってないのよ。
あのプレートを作る金型がね。

多分「押す」と「引く」が2つペアでできてしまう仕組みになってるんだと思う。どっちかだけを作るなんてできないんだと思う。

 

 

とまあ、そんなわけで、世の中のたいていの「引く」扉は押しても開く。
だから俺は、常に押している。

が、しかし。

ごくたまに、本当に引かないと開かない扉がある。

「どうせ、押してもまた開くんでしょ」とか頭の中ではタカをくくってるから、思わぬ形でサプライズを受ける。
扉を押して、ガン!つって拒絶される。

なんだか、俺の生き方自体を否定された気持ちになってけっこう凹むんす。

 

だから、本当に引かなきゃ開かない時は、扉の「引く」のプレートの上に「本当に」とか「押せませんマジで」とか「いつもキレイに引いてくださりありがとうございます」とか、そういう目印をつけておいて欲しい。

最初っから素直に引けばいいじゃん、っていう至極ごもっともな意見もあるけど、

そのご意見については、一歩引いて受け取っておきます。

【おしまい】

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら