Windows10の予約を待てない!今すぐアップグレードする方法

upgrade

今すぐWindows10をアップグレードする方法とは

こんにちは、8月3日現在、つい先ほどWindows7をWindows10にアップグレードしてきました。

ネットを見る限り、大きな不具合などはないように思えたのと、
アップグレードしてから1ヶ月以内ならもとのWindows7に戻せるということを知り、

「よっしゃ人柱上等!」ということで思い切ってアップグレードしてみました。

今このブログ記事もWindows10にしたパソコンから問題なく書けています。

 

Windows10の特長や機能紹介などはこちらのまとめをご覧ください。
5分でわかる!Windows 10

 

ぶっちゃけ、Windows10はどうなの?

一言で言います。

むっちゃ快適です。

 

Windows7からアップグレードしたんですけど、画面もソフトも設定もそのままなので、使いやすい。

最初は設定画面の位置とかわかりづらかったけど、
ちょこちょこいじってるとすぐ慣れてくるので、「使いづらい!」ってことはないですね。

あと、コントロールパネルどこいった!って迷う人結構いると思います。
スタート画面からコントロールパネル消えましたからね。

コントロールパネルですが、スタートボタンを右クリックすると出てくるメニューの中にあります。
その他「ファイル名を指定して実行」「コマンドプロンプト「システム」「プログラムと機能」「デバイスマネージャ」なんかも、右クリックで一発で表示されます。うん、こっちのほうがいい。

 

予約が待てないという方のために すぐアップグレードする方法

Windows10は、アップグレードを予約した人に順番にアナウンスがあるようですが、
「待てねえよ!早く使わせろ!」って方もいると思います。自分もその1人です。

ということで、公式ダウンロードサイトから直接ダウンロードしましょう。これですぐさまアップグレードができます!

あるいは、DVDやUSBなどにアップグレードに必要なファイルを入れておいて、
後からいつでもアップグレードできる「インストールメディア」を作ることもできます。

win10
※注意
アップグレード前のファイルや設定はそのまま引き継がれますが、万が一データやファイルが破損した時のために、あらかじめバックアップを取っておくことをおすすめします。

 

「ツールを今すぐダウンロード」を押してダウンロードし、そのツールを使ってWindows10にアップグレードします。
だいたいもろもろ込みで全部終わるまで30~40分ぐらいです。

 

まとめ

ってなわけで、Windowsとしては最後のOSになる「Windows10」。

Windows8を使ったことがない身としては、アプリストアとかも使えるし、何よりも

全体的に動作がぬるぬるして動いてる

ってのが個人的に大満足です。

 

「Windows10出たけどアップグレードどうしよっかなー」って人には、
「とりあえず入れとけ!」とおすすめしたいと思います。

(※自己責任でお願いします)

 

それでは!

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら