君はヤマザキの薄皮クリームパンの美味さを知っているか

もうヤマザキの薄皮しか愛せない

こういう手頃な大きさのパンって、非常に食べやすい。

仕事の合間、作業の合間、ちょっと小腹が空いた時、手軽にぱくっと食べられる。
この小さく丸い可愛いフォルム、いつでもバッグに入れておきたいぐらいだ。

で、もう言いたいことはタイトルで落ちてるんだけど、ヤマザキの薄皮シリーズは最高だということ。

特に最近俺がハマってるのがクリームパンだ。
つぶあんぱん、ジャムパン、白あんぱんを経て、クリームパン。

あえてのオーソドックス。あえての定番。でもそれがいい。
決して奇を衒うわけでもなく、いつもそこにあるクリームパン。ああ愛おしい。

一口食べるだけであなたもわかるよ。

うまい!

 
って。

 

他のじゃダメ、ヤマザキしかダメなの

こういった小さく丸っこいクリームパンはヤマザキの他にもいろいろある。
いろんなパンメーカーがこういったやつを出している。こぞって出している。

でも、俺はやっぱりヤマザキを推したい。

その理由は、その名の通り薄皮であるということ。

 

クリームパンを食べる人は、パンもそうだがクリームが食べたいのである。
であれば、一刻も早くクリームにたどり着きたいのである。

外側のパンの部分ばかり多くて、中にクリームがちょびっとしか入っていないようなパンもある。あんなもんは正直言ってクリームパンの面汚しだ。

その点、ヤマザキはすごい。
なんてったって、薄皮だもん。
皮がうすい、つまりクリームの割合が多い。一口食べればもうクリームぎっしりってわけ。こんな幸せ、他にある?

 

クリームパンに関して、有名なこんなコピペがあるんだ。

俺には90のじいさんがいる。
先月癌で入院し、闘病中だったが昨日あることを言われた

「死ぬ前に…クリームパンが食べたい…」

俺はすぐにコンビニへ走り、クリームパンを買って戻ってきた。
それをじいさんに食べさせると、一口食べたとたんに死んでしまった。
何よりも安らかな顔だった。

「死ぬ前に食べれて幸せだろう…」と思い、
かじりかけのクリームパンを見てみると、クリームにとどいていなかった

(2ちゃんのコピペだけど、元々は井上マーという芸人の鉄板ネタ)

これでもね、もしおじいちゃんが食べたのがヤマザキの薄皮クリームパンだったら、こんなことは起こらなかった。
だって、薄皮だもん。一口食べたらすぐクリームだもん。届いてるもん。

届いてるよ!おじいちゃん!!

 

ヤマザキ薄皮シリーズの底力

20150921132531

 

ここまで読んだあなたはもうすっかりヤマザキ薄皮クリームパンのとりこになってることだと思うけど、
御存知の通り、薄皮シリーズはめちゃくちゃ種類が多い。

しかも全部薄皮。一口目からお目当てのクリームにたどり着ける。

余計な駆け引きも焦らしもなく、しょっぱなからクライマックス。どこまでも俺たちの心を熱くしてくれる。

荒んだ現代社会で吹く一陣の風のように、それは儚く、美しく──

ヤマザキ薄皮クリームパン、それは君が見た光。僕が見た希望。

ヤマザキ薄皮クリームパン、それはふれあいの心。幸せの、青い雲。

 

 

今日の記事のまとめ

クリームパンおいしい。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら