ふつうのテキスト

最近ブログを始めた人のモチベーションはほぼ「稼ぎたい」説

こんにちは、いとしさと切なさと心強さとdaiです。

この記事は特定の誰かを批判するというより、
全体的にぼんやり見て思うことを記事にしたためているから、
それをふまえて読んでくださいね。

 

承認欲求<経済的欲求

タイトルに書いたとおりだけど、最近ブログを始める人ってほとんど「稼ぎたい」というモチベから入ってるような気がするんです。

でもまあそりゃそうよね。
ツイッターやら見てたら、これだけ多くの人がいっぱい稼いでて、月に10万だ20万だ100万だ、凄腕ブロガーがたくさんいる。
そういうの見てたら「あ、自分にもできるかも!?」って思っちゃうんですよ。

でも、そういう人って、稼いでる人の裏には稼いでない人がたくさんいることをわかってないような気がするんです。

 

正直、ブログで稼ぐのってめっちゃ難しいですよ。
はじめて数日でお金が入るなんてレアもレア。よっぽど実力あるか運がいいかのどっちかだと思います。

だから「お金が欲しい」だけを動機にすると多分早々につまづきます。

 

もちろん誰だってお金は欲しいし、ブログでお金を求めるのは悪いことじゃないんですよ?
お金はもらえるならいくらだってほしいし、
僕だって早く空から6億円ぐらい降ってこないかなあって毎日思って過ごしています。

ただ、お金お金お金って、PVやCVや収益のことだけ追いかけても、ブログの中身はよくならないし、読者が置いてきぼりになるし、何より、「つまらない」んですよね。

 

そもそも、ブログって、言いたいことがある、伝えたいことがあるから書くものですよね?

そしてそれが読まれた結果として、お金がついてくる。
それが普通だと思うんです。

でもお金が先行しちゃって、特に書きたいようなこともなくとにかくお金のためにってやっても、続かないと思うし何よりやってる本人が面白くないです。これが長続きしない理由です。

 

「結果」を先に求める人が多くなった

ちょっと話はそれますけど、恋愛とかでもこういうこと多くないですか。

恋愛の一般的プロセスって、

誰かを好きになる

アプローチする、される

両想いになる

恋人同士になる

だと思ってるんですけども、最近の人って逆じゃないですか。

まず「彼女ほしい」「彼氏ほしい」って、結果から入るじゃないですか。
(多分僕もよく言ってるんですけどね)

 

これはあくまで「そういう風潮になったなあ」と思うだけで、それが悪いとは思いません。

世の中で恋愛のドラマや歌や映画が小説が溢れてる。
それを見て「自分もこういう恋愛がしたい、こういう恋人がほしい」と思うのはごく自然なこと。
「ゴール」から見たって何も不思議じゃないですよね。

だから、僕が言いたいのは、

ゴールばっかり見て足元見てなかったら後悔するぞ

ってことです。

 

夢を見るのはいいことですが夢だけではおなかは膨れないんです。

 

リアクションがうれしかった頃を思い出そう

僕はこのブログを始めてから、1,2年ぐらいは何の広告も入れなかったんです。
アドセンスも貼らずに。だから完全に収益はないです。

でも、感想をもらったり、コメントで意見をもらったり、
いろんな方がシェアしてくれるのがとても嬉しかったんですよね。

お金じゃない、承認欲求が満たされていたころです。

 

あなたも、そんな時期があったんじゃないですか?
単純に自分の文章が読まれて、その反応があることがうれしかった時期が。

本来のブログのモチベって、そこじゃないですか?

繰り返しになりますが、お金を求めることは全然悪いことじゃないですよ。
でもお金があっても、人って、承認がなかったらさみしいし孤独なんですよね。

たまには、利益を度外視して、「自分が純粋に書きたいこと」を書くのも、いいと思いますよ♪

 

ちなみにこのブログはアドセンスこそ貼ってはいますがほとんどマネタイズはしておらず、
全ての記事が「僕が今言いたいこと・書きたいこと」だけで構成されています。

特にこの記事は、何の利益も生まず、勢いとネタだけで書いたものですが、
当時はめちゃくちゃ反響がよかったです。

あわせて読みたい
twitterをやっていれば可愛い彼女ができると思っていました photo credit: Sean Molin Photography via photopin cc twitterやれば...

よかったら読んでみてくださいませ。

 

それでは、また!(*´▽`*)

ABOUT ME
dai
関西在住のアラサー。とにかく面白いことを言いたい病気を患っていますが、打率は1割です。このブログではたいして役に立つことは書きませんが、ちょっぴりあなたがクスッとなればいいなと思っています。
ついでに読みたい