「セレブ」とは「金持ち」という意味ではない

20120709230141987

 

こんにちは。実はこっそりAKB48の中の1人として紛れ込んでいるdaiです。
テレビでよーーく見てみると華麗に踊っているイケメンが1人います。それが私です。

 

言葉の勘違い・イメージは恐ろしい

タイトルにも書きましたが、「セレブ」とは「お金持ち」という意味ではありません。

メディアなんかでは叶姉妹とか六本木ヒルズに住む社長とかヨザー翼氏とかいろんな人の豪華な生活を「セレブ」と表現しており、
我々もなんとなくその言葉を特に考えることなく使ってますよね。

 

本来「セレブ」とは「セレブリティ」の略で”著名人・有名人”という意味です。
お金持ってるかどうかなんて関係ないです。

つまり、金持ってようが持ってなかろうが、一般大衆に知られてる時点でセレブに当てはまります。
つぶやきシローも、温水さんも、ふなっしーもみんなセレブということになります。 (実際ふなっしーはめっちゃ稼いでそうだけど。

本来のセレブ=セレブリティ(Celebrity)は「一般に知られているかどうか」だけの意味しかないので、裕福さや上品さなんてこじつけなんです。 
まあ、セレブ=有名人=稼いでそう=お金持ちというイメージも分からなくもないんですけどね。

普通にお金持ちって言うのがあれなら「リッチ」でいいじゃないの。

 

言葉は正しく使おう

こんな風に、言葉の間違ったイメージってそのまま浸透しちゃうことって結構あります。

twitterにおける「リフォロー」という言葉も、
もともとは「一度フォロー外した相手をもう一度フォローする」という意味合いだったはずが、
いつの間にか「フォローしてくれた相手にお返しでこちらもフォローする」という意味で使われることが多くなり、なんだかなあという感じです。

こういう話をすると、

「別によくね?通じればどっちでもいいじゃん。細かいこと言うなよ」

的なことを言われちゃいそうですが、
やっぱり言葉は正しく使いたいなあと個人的に思っています。
間違った意味に気づかないままで、「みんな使ってるし」「周りも使ってる」で使い続けるのはどうかと思いますよん。

皆さんも正しい言葉づかいを!

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら