カプコン初音ゲー「CROSS×BEATS」が面白くてハマりそう

ういっす。あなたの心のアイドル、daiです。

ブログのソーシャルボタンのjs部分をフッターに入れたら読み込みが速くなったようです。いぇい。

 

カプコンの音ゲー「CROSS×BEATS」が面白い

crosstitle

 

昨日iOSバージョンが正式に発表された、できたてホヤホヤのゲームです。

プロデューサーは、あのダンスゲーム「Dance Dance Revolution」シリーズに長く携わってきたNAOKI氏。
DDR大好きな俺としてはこれはチェックせねば!ということで即日ダウンロードしました。

 

プレイは無料+操作がカンタン

さっそくやってみたけど、

やべー。超楽しい。

 

タップ・・・飛んでくる光に合わせて画面上をマークをタップ。

ホールド・・・光の矢がなくなるまでマークを押しっぱなし。

フリック・・・光がマークに重なる時に、矢印方向に指をスライド。

アクションはこの3つだけ。

 

曲選択画面

s-crossb1

クオリティ高い曲が多いっすわ。おしゃれ。

ゲーム開始時は6曲しかないんですけど、
プレイしていくことで経験値を溜めて、プレイできる曲が増えていく感じです。

それぞれの曲にSTANDARD・HARD・MASTERという3段階の難易度があるので、音ゲー初心者でもカンタンなのから始められそう。

 

プレイ画面

s-crossb2

飛んでくる光が丸い印に重なった時に画面をタップ!

これだけ。

イメージ的にはタイトーのグルーヴコースターに近いかも。

 

s-crossb3

左側にあるのは「フリック」のマーク。

光がマークに重なる時に、矢印の方向にフリックする。(この場合は左方向)

 

s-crossb4

難易度が上がってくると同時に押したり、光の矢の数が多くなってくるので、
画面上をよく見ておかないといけない感じ。

ちなみに右下の十字になってるのは「ホールド」ってやつで、
光が消えるまでマークをタップし続けるやつです。

 

ゲーム終了画面。

s-cross5

わーい!フルコンボだドン!

(いうてめっちゃ簡単なやつだけど)

 


現在で気になるところ

すでにプレーヤーの間では問題視されてるけど、プレイできる頻度がけっこうキツイ。

このCROSS×BEATSというゲームでは、曲をプレイするごとにプレイチケットというものが必要になる。

そのチケットは、STANDARDは5枚・HARDは6枚・MASTER7枚必要。
そして、チケットは最大10枚までしかもてない。

消費したチケットは時間経過で回復するんだけど、それが30分で1枚

これが時間かかりすぎるなーという感じ。

 

んで、普通のチケットと別にプレミアムチケットというのもある。

最初のうちは曲をプレイしたり一定のスコアを出したりするごとにボーナスでプレミアムチケットをもらえるので、
割と気にせずさくさく遊べる。

なので結構遊んできたところで、「やべえ、チケットが足りない!」ということがありそう。
このチケットは課金で追加できるので、ゲームが気に入ったら気分で課金してチケットを買うのもありかも。

なので今はこの時間経過がけっこうネックになりそう。
せめて10分で1枚とか5分で1枚回復ぐらいになってくれればもっとやりやすいんだけどなあ。

 


それでもマジで面白いゲームだ

ユーザー間のフレンド登録や楽曲シェアの機能があるので、SNSとしてのモードも兼ね備えている。

そして何より、曲が素晴らしい上に音質がいい

これは音楽ゲームをやる上で一番大事なとこかもしれないね。

 

いやー、さすがNAOKI氏監修のゲームだけある。音ゲー好きな俺はすっかりハマってしまいそうです。
今のところ課金はするつもりはまだないので、無料でいけるとこまで遊ぶつもりです!

iPhoneでやってるので、もしiPad持ってたらもっとやりやすいのかなとか思ったわw

気になる方はチェケラしてごらん。

ではでは!

CAPCOM「CROSS×BEATS」公式サイト

「CROSS×BEATS」攻略wiki

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら