ふつうのテキスト

「極論本」に学ぶ、ブログタイトルで”釣る”秘策

あなたは「極論本」って聞いたことありますか。

先日11日の「ビートたけしのTVタックルで」紹介されましたが、
タイトルですごく偏っていて、断定的で一見すると「は!?」というような本のことです。

41JdWkUhKvL._SX300_SX300_
「成功する人は缶コーヒーを飲まない」

41F26e+zd9L._SX300_
「夫は犬だと思えばいい。」

41J5u5BP-CL._SX300_
「長生きしたけりゃデブがいい」

41QPPd79+AL._SX300_
「スタバではグランデを替え!」

51Sh9zMJleL._SX300_
「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」

 

こんな感じで、偏った意見+断定的なタイトルにして、本屋で目にした人に

「は?なんで?」

と思わせるのが目的です。

数多くの本が並ぶ書店では、タイトルにインパクトがあって、興味を惹きつけないとなかなか買ってもらえない。
だから奇抜なタイトルの「極論本」が多く出版されるようになったといいます。
実際、上に紹介した5冊もかなり売れているようです。

実際のところ

一番最初に紹介した「成功する人は缶コーヒーを飲まない」という本も、
その中身はいたって真面目で、ご飯や砂糖などの糖質のとり過ぎに気をつけて、肉や野菜をバランスよく取って栄養を考えた食事をしましょうというすごく当たり前なことが書いてあります。

当たり前なことですが、内容はとてもわかりやすく実践しやすいように書かれています。
現代社会では当たり前のことが当たり前にできない人も多いですからね。
非常に説得力の高い本だと思います。

しかし、もしこの本のタイトルが「成功する人は健康を考えてバランスよく食事している」だったら多分売れないでしょう。
いい内容なのに、タイトルで惹きつけられないと売れ行きにはつながらない。

それ故このようなタイトルにしたんではないでしょうか。
「缶コーヒー」というワードを入れればサラリーマン世代の食いつきは良さそうですからね。

あれ、この手法って・・・?

そうです、タイトルにインパクトをプラスして読者に「読みたい」と思わせる方法は、
2ちゃんねるのまとめでもよく見られます。

 

iPhone買った結果wwwwwwwwwwww

こういうまとめサイトのタイトル見たことないですか。ありますよね。
こう書かれると続きが気になってついついクリックしてしまいます。
もしこれが、

iPhone買ったら使いやすくて最高。買って正解

これだったらどうでしょう?あんまりクリックされないと思います。

それはなぜか。クリックしなくても内容が想像できるからです。

もうタイトルの部分でオチが書かれているので読む必要はないと判断できてしまうのです。

 

これをブログタイトルに応用してみよう

accessturi

別のブログでも書かれているのを読みましたが、
タイトルに全ての内容が書かれていると読者はわざわざ見には来ません。

むしろ、若干含みを持たせて読者に期待感を持って読んでもらうほうがベターでしょう。

 

ということで、ここからが今日の本題です。

ブログタイトルに「極論本」の理屈を当てはめ、
「え、なんで!?」と思わせ、アクセスを伸ばす方法を実践してみることにします。

みなさんもぜひ役立ちそうであれば使ってみてください。

よし、やっぞ!

 

 

ブロガーはPCを今すぐ捨てろ

は!?となります。ブログを書くために必要なPCを捨てる?なんで?

おそらくこの場合、内容としてはブロマガのすすめ的なものだったりしますね。
PCでだけでなくスマホでもブログ書こうよ!という内容につなげるためのタイトルとして利用できます。
某モブログ界の女王様、使って頂いても構いませんよ。(にっこり)

ネット界で生きていくためには酒が飲めないとダメ

これも下戸の人には「は!?」と思われます。

これは、「ネットで活動する→オフ会やイベントに参加する→飲み会→酒飲めないと楽しめない」
というリア充論法です。
実際はお酒のめなくても活躍なさってる方はごまんといるんですけどね。

カルボナーラの記事を書くとアクセスは伸びる

別にカルボナーラじゃなくてもいいんです。
要はパスタとかフランソワーズとかなんちゃらフラペチーノとか、
女子が食いつきそうな話題にすると女性からのアクセスが増えるという寸法です。
カルボナーラは魔法の食べ物なのです。

(どうでもいいですけど、30超えて自分を「女子」って呼ぶ女の人が最近増えてて大草原不可避です。)

 

さて、ここからはテンポよく箇条書きでズバババっと紹介してみましょう。

 

iPadはカレーを食べながら使おう

プロブロガーは全員うどんが好き

アクセス欲しけりゃメガネをかけろ

facebookは絶対に使うな

ガチャピンの中身は60代のおっさん

iPhoneを2台持ちしてないユーザーはもったいない

ブロガーは高卒が一番面白い

上司に敬語を使う人間はバカ

MacからWindowsに乗り換えた者は人生の勝者

 

いかがでしょうか?

思わず読みたくなるような刺激的なタイトルを考えてみました。

ちなみに最後に並べた9つに関しては内容を一切考えてないのでソースもくそもありません
ご了承ください。

 

まとめ

ブログのアクセスを伸ばす上でタイトルの付け方は非常に大事です。
ですが、タイトル以上に大事なのは本文なのではないでしょうか。

本質をおろそかにして、奇をてらったタイトルにばかり目が言ってしまっては、
中身がスカスカのピーマンのようなブログになってしまうと思うのです。

それに、あまりにタイトルで煽りすぎると、
それを見た読者は内容にすごく期待をしてしまいます。
がっつりハードルを上げてしまうのです。

そしていざ記事を読んでみて期待が外されたら読者にがっかりされます。

釣り記事乙

というレッテルをペタペタと貼られます。

 

まずは中身をしっかり磨いていきたいものです。
これを読んでらっしゃるブロガーの皆さんも、お互い頑張っていきましょう。

では!