お役立ち系・ライフハック系記事って別にあとで見直さないよね

lifehack

俺はPocketを使わなくなった。

イェーイハローエブリワン。
アイアムベリーベリープリティーナイスブロガー。オーイェーイ。

こんにちは、daiです。
ネットというのは何かを発言した瞬間全世界に公開されているもので、今この瞬間も日本ではないどこかの国からこのブログが閲覧されているのではという一抹の可能性を感じ、流暢な英語の挨拶で今日の記事を始めてみました。
今まで言ってなかったですが私はTOEICのスコアが2億ありますので、もう息を吸って吐くかのように英語をスラスラと話すことができます。

 

ということで今日の本題ですが、
ブログのアクセスというのは、情報や知識を提供する「ナレッジ型」にすればおのずと増えてきます。検索流入がガバガバ増えますので。
その結果、昨今のブログ界隈、お役立ち系やライフハック系の有象無象が増えすぎたとは思いませんか。ああ思いませんか。俺だけですか。

いやむしろ、昨今どころか以前からそうだったのかもしれない。

確かに持っている情報を惜しみなく読者に披露するのはもちろん良いことです。
俺も知らないことを検索して助けられたことが何度もあります。
良い情報を提供し、結果的にブログのアクセスを得る。それの何がいけないんだ。何も悪いことしてないし何もおかしくない。

 

そう!何も悪くない!そして何もおかしくない!

 

だからこそ個人的には「記憶に残らないな~」って。
そして別に後から見直さないな~って。

記事を見た時はさ、「おっ、この情報は良さそうだ!あとでまた見るためにブックマークしとこう」
ってPocketに入れたりもしたんだけど、じゃあそれ後になって本当に見返してるかっていうと多分1割も見てない。
しかもタチが悪いことに、ブックマークしたこと自体を忘れてたりするんですよね。

中には本当に全部見返す人もいるだろうけど、少なくとも俺はたいして見返さなかった。
Pocketに保存したということにただ満足しちゃってた。参考書買うだけで満足して勉強した気になるタイプ。

で、改めてPocket一覧を見て思うんですよ。
「なんでこれブックマークしたんだっけ?」
もう、なんでこいつのこと好きになったんだっけ?でももうずっと一緒にいるし今更別れる理由もないよなってズルズル5年ぐらい付き合ってるカップルみたいな思いになるんですよ。Pocketは、そんなメロドラマの、舞台じゃ、ない。

 

記事よりも書いている人に興味を持たれたい

20100820_01

何か調べたいことがあってgoogleとかで検索して、目的の情報を見つけた時。
そのブログやサイトをどんな人が書いているのか、プロフィールを見たりしますか?

俺は見ません。

だって必要としている情報さえ手に入ればいいですもん。
調べ物する時はそうだと思うしみんなそうだと思ってます。

でも、せっかくブログを書いているからには、書いている「中の人」に興味を持ってもらいたいなって願望があります。
「あ、このブログ面白い、どんな人だろう、twitterフォローしてみよう」ってフォローされて、仲良くなって、住んでるところが意外に近所で、今度飲みにでもいきますかってなって流れになって、実際に会ってみたらものすごく俺好みの理想的な女性で、出会って4秒で恋に落ちて、最終的に結婚したいな、ってそんな下卑た想いがあります。

確かに役立つこと書いて検索でアクセスが増えるのはいいんですけど、
多分ほとんどは書いている中の人にまで踏み込んでこないし、
ブックマークされたところで、どうせすぐに忘れて、あとで見返した時に
「ダイブロ・・・?なんだっけ、なんでこれブックマークしたんだっけ」みたいに思われてサクッと削除されて、
言葉巧みにホテルに誘われてボロカスにヤリ捨てされる女のような気持ちを味わうのはまっぴらごめんなんだ!!

ブログという媒体を運営するからには、
その筆者のパーソナリティにも興味を持ってもらえるようなブロガーになりたい、
俺は切にそう思っています。

とはいえ、「これはみんなに教えたい!」と思ったら多分お役立ち系の記事も書くし、
そういったブログを今後も見ることはあると思います。

 

ただあんまり大きな声では言えないんですけど、
お役立ち系の記事しか書いてないブログってあんまり管理人の性格とかが出にくいから、
なんか血が通ってるイメージがないので読む気はしないです。

あー、言っちゃった。言っちゃった。
俺ももっとがんばろう。

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら