千の風になって

senno

「ねえ、先生」

「どうしたの?タクヤくん?」

「人間って死んだらホントに千の風になるの?」

「例の大ヒットした歌ではそうなるわよ。」

「あれだけ売れたら、風になるというより、金になるね」

「…。」

「あとさ、そんだけ稼いだ人のお墓の前じゃ多分泣かないよ。
莫大な遺産が転がり込んでくるから、むしろ笑っちゃう」

「先生複雑な気分だわ。」

「あっ、話はそれちゃったけど、僕はホントに人間は風になれると思うんだ」

「へえ、どうしてそう思うの?」

「死体はバクテリアに分解されて、最後は二酸化炭素と水になるからね。
だったら、間違いなく風になれると思うんだ」

「先生、またまた複雑な気分なんだけど。」

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら