ふつうのテキスト

ポケットの魔法。

ありがとう500円

久々に羽織ったコートのポケットの中に、500円玉が入っていた。

おっ。やった!ラッキーじゃん。

臨時収入だ、俺ってついてるぅ!えへへへ!
と喜んでいたが、よくよく考えてみれば、その500円玉は誰かにもらったものでも、神様が俺の真面目さにひかれて恵んだこれたものでもない。もともと俺の500円だ。それ以上でもそれ以下でもない、等身大の俺の500円玉だ。
自分の所持金総額には一切何の影響もなく、別に喜ぶようなものではないんだ。

とは言っても、やっぱり嬉しい。うふふ。

 

たった500円玉とはいえ、突然ちょっとしたお小遣いをもらったような気分になる。

これってすごくない?
一切誰ともお金のやりとりをしていないのに、まるで収入があったかのような錯覚が起き、気持ちがハッピーになっちゃう。これってすげえ。ポケットの魔法なのかもしれない。

 

この歳になって改めて感じること。

日常の中で、ささいなことに幸せを感じることがある。

道端に咲いているたんぽぽを見て心が穏やかになったり。
友人から心温まる言葉をかけてもらってウルッときたり。
テレビでもたいまさこさんを見かけて心に平穏が訪れたり。

そんな時にしみじみと感じるのは、「やっぱり、人生、金じゃないな」ということだ。

 

これは裏を返せば、俺たちはどうしても「人生は金やろ」という価値観の中で生きていることに他ならない。
多くの幸福は金額的価値が付けられ、それを得るためには見合った金額の支払いが必要だ。マネーこそパワー。

だからこそ、お金が手に入ったときというのは、無条件で幸福感を得られるのである。

そしてこの無条件の幸福感、お金の幸福感、マネーのハピネス、これを一切の代償なしに得られるというのだから最高っ。

 

・・・ここで俺はこう思った。

 

 

もう一度、この幸せを味わいたい。

 

俺は、そのコートのポケットに、今度は一万円札を忍ばせた。

 

 

さらなる幸せを求めて

ふふふふふふ。

ふふふふふふふふふふふ。うっふふふふふ。

これで今度はもっと大きな喜びが手に入るに違いない。
さっきの500円玉ですらかなり嬉しかったんだ。これが一万円札となればこれはもう飛び跳ねる勢いに違いない

これは、いつも仕事頑張っている未来の俺へのささやかなプレゼントだ。
未来の俺、喜んでくれるといいな。うっふふっふ。

 

・・・しかし、俺はあることに気づいた。

 

この大いなる喜びを感じるためには、コートのポケットの中に一万円が入っているということを一度完全に忘れなければならない。

そりゃそうだ。「思いがけない幸運」こそが喜びなんだから、あるべきところにあるべきものがあるだけなら嬉しくもなんともない。
「あっ、思わぬところに一万円札が!」というシチュエーションじゃないと意味がないのだ。

しかし俺ってやつはどうにも、これがなかなか忘れることができない。
自分の部屋に入るたび、かかっているコートが気になり、ポケットの一万円札を意識してしまう。忘れようとすればするほど意識は強くなってしまう。

まるで、決して愛してはいけない人への切ない想いが、忘れようとすればするほど激しく湧き上がってしまう時のように・・・
(意味がわからない)

 

・・・あーーー、ダメだ。無理だ。

忘れらんねえよ。ダメだよ。ダメだよ諭吉ぃ。

 

結局、ポケットに入れてから1週間も経たない間に俺はギブアップしてしまった。
ポケットの一万円札が気になって気になって、心の中で諭吉の存在感がどんどん膨らんでしまった。無理だった。

やっぱりこういうのは、無意識でやらないとダメなんだ。
ヤラセはダメなんだよね。すっかり負けてしまいました。
俺はもうあきらめて、一万円札を財布にしまった。

 

・・・そして俺は、そのことを忘れた。

 

まさかの逆パターン・・・

それからしばらくしてから、再びそのコートを着ることになった。

俺はふと思い出した。

「あっ、そういえばこないだこのポケットに一万円札を隠しておいたんだっけな。へへっ、そうだった。ラッキーじゃん。一万円の臨時収入じゃ!!やった~~ふんふふん♪」

過去の俺よ、ありがとう。
そんなことを思いながらポケットをゴソゴソゴソゴソ。

 

あれ?

ない。

ないぞ。

 

・・・あっ、そうか。
あの時俺は、我慢できずに結局戻しちゃったんだった・・・

 

あると思ったものが、あるべきところにはない。
お金が、ない。

「人生金じゃねえな」とか言っておきながら、お金がないというだけでなぜかこんなに損をした気分。
いや、損はしてないんだけど、なぜかすげえ損をした気分。無条件な虚しさが俺を襲ってくる。

 

ポケットの魔法って、こわいね。

ついでに読みたい