Youtubeで稼ぐことは可能か?動画広告収入は儲かるのか?

youtube

こんにちは。たまにyoutubeに動画を投稿しているdaiです。

個人的な実感ですが、本当、youtubeに動画投稿する人増えましたねえ。
youtubeって素人でも誰でも動画を投稿できるし、ニコ動などに比べると幾分かハードルが低いのもあって、
さらには去年からテレビCMでもあった「好きなことで、生きていく」というあのフレーズに刺激を受けて、動画投稿数というのは増えていっている気がします。

で、早い話、Youtubeは儲かるのか?稼げるのか?ってところです。
結構皆さんも興味があるのではないでしょうか。
おいどないやねん、youtubeだけで寝転んでチャリンチャリンとゼニが入ってくるんやろ!?ワイもマックスむらいみたいに大人の10コンボ見せたるで~~!って方もいるかもしれません。

 

結論から言うと、youtubeって、儲かるには儲かるけど相当頑張らないといけない というところでしょうか。

間違っても楽して寝そべって稼げるプラットフォームではないです。
当たり前は当たり前なんだけど、案外わかってない人が多い。これが「底辺Youtuber」と呼ばれる人たちが増えてしまう原因かもしれません。

 

1再生=約0.05円という世界

以前は1再生=0.1円と言われていました。つまり10万回再生されたら1万円の報酬。あくまで目安ですが、だいたいこれぐらいの数字になっていた模様です。
しかしここ最近はその収益が減った模様で、1再生=0.05円ぐらいまで下がっているのではと言われています。つまり言い換えるなら、200回再生されてやっと1円。1円て。泣けるわ。

その理由としては、「youtubeの視聴者層は小中学生が多いのでスポンサーが広告を流しても意味がない」「もうyoutubeは広告塔としての役目は終わった」「スポンサーにとってyoutubeに広告を出すメリットがなくなった」などが考えられます。特に1番目は皆さんも知っているかもしれません。あのHIKAKIN氏の握手会が開かれた際、来ていたファンがほとんど小中学生という事実。(実際HIKAKIN氏はそもそも小中学生にターゲットを絞っているので当然といえば当然かもしれません)

自分も塾講師をしていますが、生徒たち自身からも「よくyoutube見ている」という話を聞くし、保護者懇談などでも「うちの子は家でもネットばっかりやってずっと動画みてる」という相談を受けることもあります。

なのであんまり利益がでなくなってしまったし、もしかしたら巻き返すことなくこのままyoutubeブームが終焉を迎えてしまう、という可能性もなくはありません。
第一、youtubeへの動画投稿だけで食べていくなんて無茶も無茶でしょう。それだけの専業で生活していくなら、20万稼ぐとしても月に1000万回再生されなければならない。
毎日動画を投稿するとしても、1つあたり平均約33万回の再生が必要。
もちろん名前が売れれば動画の広告収入だけでなく企業とのタイアップや取材、メディア出演のギャラなどで稼ぐこともできますが、そこまでのしあがれる人間が果たしてどれぐらいいるでしょうか。やはり甘い世界ではないのではないかと思います。あれ、これ普通に働いたほうがよくね?

 


「楽して儲けたい」感丸出しのYoutuber

でもね、あれだけCMやらテレビやらに「Youtuber」という存在がどんどん出てくるようになって、(去年のTHE MANZAIで優勝した博多華丸・大吉もネタでやってましたね)「自分もHIKAKINみたいになりたい!動画で儲けたい!」って思う人がたくさん出てきました。

その気持ち時代は大事だしどんどんやってくれればいいんですが、問題なのはそのクオリティ。
完全に他人の真似事、どころか劣化版、二番煎じなんですよね。他人と同じことやってて人気出るわけがない。

そして一番問題なのは、「金を稼ぐためにyoutube投稿してる」って人。多分こういう人は絶対稼げないし人も集まらない。
稼ぐために動画投稿してる人はその感じが動画に出ますよ。レビューにしても実況にしてもネタ系にしても。金の匂いがする動画を誰が見たいかって話じゃないですか。
仮に儲けたいという欲が全面に出てても、動画が面白ければいいですよ。でも大半はそうじゃない。真似事やってるだけ。「こんな風に編集して食べ物食べて感想言えば稼げるんだろ~」って適当にやってるだけ。HIKAKIN氏の後追いですわ。

HIKAKIN氏はけっこうあちこちで批判の的になりますが、実は動画はかなり工夫して作られているのが分かります。
飽きずに最後まで見れる程度の動画の長さ、照明、テンポ、構成など、頻繁に彼の動画を見るわけではないですが、細かいところも注意して見ると丁寧に動画を作っています。普通の人がいきなり真似しようとしても難しいでしょう。

 


youtubeで稼ぐには「稼ごう」と思わないこと

youtubeで専業というのはめちゃくちゃハードルが高いです。
普通に働きながら、あるいは学生をやりながら、お小遣い感覚でちょろっと稼ぐというやり方が一番いいのではないかと思います。
そしてなんだか矛盾みたいですが、youtubeで稼ぐには「稼ごうと思わないこと」が大事なのかなあ、といろんな人を長いこと見てて感じます。

お金ありきじゃなくて、まず自分がやりたいことを動画で表現する。クオリティが先に来るんですよ。
じゃないと、お金がモチベーションになっちゃうと絶対長続きはしないし、底の浅さが視聴者にも見透かされて去っていくだけですからね。
趣味の延長で自分の得意なことや見せたいものを動画でアップしていけば、そのうち固定リスナーもつきだして、徐々に収益につながっていくような気がします。

だから、最近また「今はyoutubeがアツい!あなたも数分の動画をたった1つアップするだけで●●万円の不労所得!」みたいな怪しさ満点の情報商材を見かけます。
こんなのに騙されて手を出す時点で、youtubeで儲けるどころか逆に食い物にされてるってことなんですよ。気をつけましょう。お金は、怖いんやで。

 

まとめ

何回も言いますが、Youtubeで楽して手軽に高収入、ってのはまず無理です。
よっぽど面白いことやユニークなことができる自信が無いなら、普通に視聴者として楽しんでおいたほうがいいです。

たれぞう面白かったよ。

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら