最高の情報発信ツール。あなたもブログを書いてみませんか?

blog

ブログを書いてない人におすすめしたい

みなさん、ブログって知ってますか?
あなたが今見ているこれ、そうこれ、これがブログです。

個人的な感想になりますが、ブログのブームというものは隆盛になったり下火になったり、
流行り廃りの波がいろいろあるように思います。

あくまで個人的な感想ですが、2006年に一大ブログブームができ、
それが2008年に入るころにはブームが去り、
そして2012年ぐらいにはワードプレスなどの普及で再びブログブームが来た印象です。個人的な感想ですが。

 

ブログというのもいろんなサービスがあります。
fc2やらアメーバやらライブドアを始めとする無料ブログを使う人もいれば、俺みたいに何の必要性もないのに独自ドメインとサーバーを借りてワードプレスでブログを書いているゴミ溜め野郎もいます。

本日は、これを見ている皆さんに改めて「ブログって面白いんだぜ、ほらお前も書こうぜ」というメッセージをお伝えしたいと思います。

 


ブログ書こうぜ!!

ブログを書こうぜ!!

 

あえて2回言いました。

皆さんも御存知の通り、ブログは最高の情報発信ツールであります。
気がついたこと、思ってること、聞いてもらいたいこと、何でもかんでも思いの丈をぶつけて書き散らすことができます。
誰かを不快にする内容でなければ何を書いたって自由だし、自分だけの空間を作り出すことができます。

普段俺はtwitterをよく利用していますが、

「この人がブログやったら面白いだろうな~」

と思う人は結構います。

この人の書く文章をもっと読みたい。140文字じゃ足りない!
って人。
皆さんの周りにも意外といるんじゃないでしょうか?

だから、俺はどんどんみんなブログ書こうぜ、みんなのブログを読みたいぜ、と思っているのです。

 


ブログを続けるにはモチベーションが不可欠

039906

ブログをするにあたって必要な知識とかはほとんどなく、
いるとすれば「更新するモチベーション」だけじゃないかなと思います。

これがなかったら更新はできないし、ブログ自体が面白くなくなります。
唯一にして最も重要なのが、モチベーションを維持することではないでしょうか。

 

俺も今まで何人かに「ブログやってみたら?」と誘ってみたことがありますが、
実際に「よっし、それじゃあやってみようかな」と乗り気になった人はほとんどいませんでした。

俺の誘い方にも原因があったかもしれないんですが、
話を聞いてみると、ブログに乗り気じゃないのは大きく分けて2つの理由があると感じました。

 

ブログをやりたくない理由① 書くネタがない

ネタがないよ~という人は圧倒的に多いですね。
しかしこれは単に今はネタを思いつかないってだけで、ふとした時に書きたい内容が出てくるかもしれません。

そもそも毎日更新する義務も必要もないわけで、
更新したい時にすればいいんじゃないでしょうか。

そして以前の記事でも書いたんですけど、本当は「書くネタがない」なんてことはないんです。
「身の回りのネタを記事に昇華できない」だけなんですよね。

「こんなこと書いていいのかな?」って、勝手に自分でブレーキをかけてしまうんですよ。

【関連】ブロガーの「こんな内容の記事を書いていいのかな」という心配

「面白いブログを書かないといけない」って自分で自分にプレッシャーかける必要はないんです。

 

ブログをやりたくない理由② 見る人が少ない

「ブログ興味はあるけど、どうせ書いてもそんなに見られないだろうし」

と言う人もいました。

 

そんなん当たり前じゃね!?

 

始めた途端一気に数万アクセスとか稼げるのは有名人ぐらいなもんで、
誰でも最初は1日10アクセスあればいいほうですよ。

普通はいきなり多くの人に読まれるってことはないです。
(twitterのフォロワーがめちゃくちゃ多いとかならありえるけど)

そんな中で書きたいことを日々書いていき、固定読者やファンが増えていくのが一般的ですね。
よりアクセス数を増やしたり、読んだ人を魅了するにはどうしたらいいか、などをいろいろ考えて試行錯誤するのが、ブログの楽しみの1つでもあります。

 

まとめ:さあブログを書こう

021964

 

あなたにとっては当たり前でも、他の人にとってはすごい体験ということはよくあります。

俺もブログを書くようになってから、
多くの人と知り合いになったり、いろんなことが勉強になったり、
いまだに「ブログ毎日書いてます」ってだけで結構食いつかれたりします。

 

さあ、あなたもブログ書きませんか?

 

面白くある必要はないし、
文章が上手である必要もないし、
オチが必要なわけでもないし、
ブログはブログの数だけスタイルがあります。

書きたい時に、書きたいものを。
あなたのブログを、待っています。

何かご不明な点があれば迷わずお聞きくださいね。

では!(゚∀゚)

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら