twitterのアカウントが凍結されてもすぐ復活させる方法

おはようございます。

ミスチルを歌う時はだいたいサビで声が裏返るdaiです。

 

twitterのアカウントが凍結されてもすぐ復活させる方法

LIG_kuyasikutenamidasuru500

(自分のアカウントが凍結したら辛いよね・・・)

本日は、twitterでアカウントが凍結された場合、
どのようにして元に戻すかという手順について説明します。

2017年1月現在、こちらの情報はだいぶ古いです。
現在はこの記事内容の方法では凍結解除できない可能性があります。
あらかじめ、どうかご了承ください。

 


てか、そもそもどうなったら凍結されるの?

→ズバリ、いろんな人にブロックされると凍結されちゃいます。

 

susp1

例えばなんかやらかして拡散されて、炎上しちゃう人いますよね。
そういう人にたいして大勢がブロック(またはスパムブロック)をすることによって、
twitter運営が「こいつはさては有害なアカウントだな!めっ!」と判断し、
凍結=suspendedの状態にしちゃうわけです。

凍結を食らうとツイートも何もできませんし、他の人にはそのアカウントが消えたように見えます。
「いないもの」として見なされます。おー悲しい。

 

その他には、twitter社が認めてないツール(自動フォローや自動RTなど)を使ってると、それがバレて、ツールに連携しているアカウントが軒並み凍結・・・なんてこともありえるそうです。

 


いや別に自分は炎上するようなツイートしないし凍結されないっしょ

そうです。普通にやってる分には凍結なんてされません。

でも、たまにいません?プロフィールに「お別れはブロックで」と書く方。

susp2

↑こんな感じ。
プロフィールだったり、または定期ツイートだったり。。。

いや、まあそれ自体は勝手にやってくれって感じなんですが、
冒頭でお話した通り、ブロックされまくると凍結されるんですよ。

なので、本当に周りがいざブロックして去っていった時、
この人も凍結の恐れがあるということです。気をつけましょう。

 

実際にアカウントが凍結された時の復活法

ではいざ自分のアカウントが誰かに攻撃(ブロック)されて凍結したらどうしたらいいのか?
実は、復活はものすごく簡単です。

サポートに問い合わせればすぐに復活します☆

2017年1月現在、こちらの情報はだいぶ古いです。
現在はこの記事内容の方法では凍結解除できない可能性があります。
あらかじめ、どうかご了承ください。

 

【手順1】twitterのサポートフォームにアクセスします。

https://support.twitter.com/forms/general?subtopic=suspended
(↑別タブで立ち上がります)

【手順2】フォームに入力します。

 

susp3

①「凍結されたアカウント」
②「アカウント凍結解除申請」
③「私のアカウントが凍結されてしまいました。
  もしルール違反がございましたら、
  今後は順守するように留意いたします。
  お手数ですが、凍結の解除をお願いいたします。」

(文章はコピペでも構いませんが、自分の文章で書いたほうが良いです。
内容はこんな感じ。)

と、入力。

あくまで下手に出ましょう。

 

間違っても

「コラ何勝手にワシのアカウント凍結させとんじゃい戻せすぐ戻さんかいカス!!」

なんて送っても無視されちゃうからね!

で、画面下。

susp4

④氏名入力。本名のほうがいいでしょう。
⑤ユーザー名とメールアドレスが自分のものか確認してください。
 あとでメールが届きますので、ちゃんと受け取れるアドレスがいいです。
⑥電話番号は空欄のままでOK。
⑦ここまで入力が終わったら送信。

ここまで終わったら、登録してるメールアドレスにメールが来るはずです。
あともう一息ですよ!!

【手順3】来たメールに返信します。

フォーム送信すると、メールアドレスにこういうメールが来ます。

susp5

なーんか長ったらしいですが、書いてある内容を要約すると

アンタなんかやらかしたやろ!とりあえず凍結させちゃったよ!へい!

ということです。

すかさずこのメールに返信します。
その際、このtwitterからの文章は残したまま引用という形で返信したほうがいいです。

 

お世話になります。
今後はtwitterポリシーを理解し、禁止された行動を行わないとお約束しますので、アカウントの凍結解除をよろしくお願い致します。

アカウント:●●●(ここ自分のtwitterID)

よろしくお願いします。

↑こんな感じで。

今後は禁止行為を行わないからアカウント戻してね、と頼むと良いです。

はい、以上で終わりです。

ほっといたら早かったら数時間で凍結は解除されるはずです。

 

まとめ

筆者も何度かtwitterのアカウントを凍結されたことがありますが、全てこの方法で復旧しております。

2013年9月現在も有効な方法だと思われます。

ちなみに、
凍結された→復活した→また凍結した

という場合でも、再び上のやり方で戻すことができます。

 

仮に、メールを返信してから3日経ってもアカウントが戻らない場合は、
twitter運営が忙しくて対応できてない可能性がありますので、もう一度手順通りに送ってみてください。

今のところ、これで復活できなかったアカウントはないです。
もし何かご不明な点があればお聞きくださいね。

 

↓ためになったらシェアしてごらんよ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

から揚げと音ゲーとFカップが好きな関西人。普段は塾の先生として楽しくお仕事しています。このブログではいろんなことをおもしろおかしく書くことを目標としています。 さらに詳しいプロフィールはこちら